間違って記事削除・ブログ復元

7/28/2013 Megu Besylla


Bloggerの記事をPing送信
予約投稿など色々と便利なので
Windows Live Writer
使用しているのですが。

ローカルの下書きを投稿しようとすると
Tempが使用中とか何だかで
投稿できない。

それで色々と削除しているうちに
いつのまにか
ネットにアップしている記事まで
間違えて14記事も削除していました。

我ながら毎回アホすぎます。。

すぐに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
----------------------------------------------------
Google
Webキャッシュ見に行ったんですが
まだ30分~1時間しか経っていないのに
半分くらい消滅。
----------------------------------------------------
Yahoo!
Internet Archive Wayback Machine
Bing
なども全滅
キャッシュ探す時、ブラウザFirefoxなら
拡張機能Resurrect Pagesが便利です。
右クリックで
このページを蘇生で
1

2

で検索できます。
----------------------------------------------------
だれか私のブログを魚拓してない?
なわけないな。
やっぱりありませんでした。
ウェブ魚拓
----------------------------------------------------
BloggerのPostIDさえわかるのなら
簡単に記事復旧できるらしい。


生き残っている記事をどれか1つ
選んで編集画面に行って
上のアドレスバーに出てくる
PostIDを差し替えてEnterボタン

そうすると削除された記事の
編集画面に変身するのですが
エラーが出てそのままでは
投稿できませんでした。

データを控えて
新たに新規投稿すればOK。
新規なので日付があれですが。。。

かなり便利だけど
キャッシュがないから
PostIDわかんない~~~~
----------------------------------------------------
『ああどうしよ!キャッシュがない』
そうだ!Webじゃなくてブラウザ
キャッシュ探してみよう!!
私は大抵Google Chromeなんで
ChromeCacheView
ダウンロードして探してみました。

2つほど見つかりました!!
選択したキャッシュファイルを保存で
保存したんですがhtmlファイル文字化け

拡張子htmlからgzに変更
これでどうにか復元成功です。

でも探し方が悪かったのか
見落としたのか見つからないのが
まだないのが沢山ある。
しかも1番削除したら不味かったのが。
----------------------------------------------------
今度はGoogle Chromeの
アドレスバーに直接
chrome://cache と入力して
キャッシュを出してみた。
それでCTRL+F
『 js&postID= 』 と検索したら
沢山PostIDが見つかりました。

大変でしたが、なんとか
13記事復旧することができました。